バイクメンテナンス 商品レビュー

カワサキ ダエグ(ZRX1200)を4年乗って思う事 リターンバイクに最適

投稿日:2020年2月16日 更新日:

こんにちは、高所恐怖症ライダーです。

カワサキ ダエグ(ZRX1200)を4年乗って思うこと………

僕がこのカワサキカワサキ ダエグ(ZRX1200)購入した2015年

まだZ900やカタナが登場してない時代でした。

4発のネイキッドバイクといえば、カワサキならゼファー1100か、750

Z1かZ2等、選択肢がない時。

(ゼファーもZ1もプレミア価格がついて、手が出なかった(泣))

 

Z900RSがリリースされたのが2017年ですから、

まあカワサキで4発でネイキッドでリッターオーバーといえば、

ダエグか一択しかなかった時代です。

 

Z900RSがリリースされた2017年は、

はっきり言って買い替えようか、かなり悩みました。

しかし、Z900RSの現物を見てその熱は少し冷めました。

まあ、Z1のつもりでZ900RSと比較すると、少々小さいんですよね…..

悪くはないんですが、コンパクトなんです

 

しかも積載がダエグに比べると悪い

 

よって、ダエグを手放して、Z900RSに乗り換える気にはどうしてもなれませんでした

 

ホント、ダエグ乗ってみると分かります。

素直ないいバイクなんです。

 

そうこう言っているうちにダエグは2019年で、生産終了(泣)

もう、新車で購入できるのは、日本のどこかにある在庫しかありません。

多分これからプレミアもつくと思います。(←多分です)

 

この記事は、カワサキ ダエグ(ZRX1200)の購入を考えている方の為に書いています。

カワサキダエグ 満足している点

HONDAのCB・YAMAHAのMT・SUZUKIのGSと世に言う「ジャパニーズスタンダードモデル」のKawasaki版!

大排気量にしてコンパクトな車体。
国内向けに設計されただけあって、市街地や峠での操作性は素直の一言。

 

エンジン

モーターのように滑らかではなく、ガサゴソと空冷のような味わいがあります、

ゼファー400に似た楽しいフィーリングです。

4発の音は良いですが、ノーマルマフラーだと、ジェントルすぎて、物足りないかも…..好みです。

 

パワー・加速力

リッターオーバークラスなので有り余るトルクで重い車体を難なく押し進めます。

余裕で他の車をリードできます。

 

また、パワー慣れしていなくても恐怖感なく加速できます。

(250~400㏄乗り替えの方は気を付けてください。

完全に別の乗り物と考えた方がいいです。)

 

…………….ですが、

 

Z1000やZR10R、YAMAHA R1の様な「ドッカンパワー」なトルク感では無く、

あくまでも常識的なレスポンス。

ワインディングでは、とても扱いやすいです。

 

実質使用回転数は2000~5000rpmですから、パワー・トルクは必要にして充分。

高速道での追い越しも難なく加速。

フルスロットルなんか公道では使えません…….というか、出来ません。

 

 

外観

角目の一灯というところがまた….いいです。

 

シート下

カッパも余裕で入ります。(僕は常に入れてます)

リアカウル側と合わせればけっこうな容量です。

日帰り温泉用のタオルも常駐してます。

 

走行性能

振動がでるのとの噂でしたが僕の場合は気になりませんでした。

曲がりやすいし乗りやすいです。

少しハンドルが切れ込む印象がありますが、

このバイクの持ち味と思っています。

 

 

乗り心地

175cm・76kgの自分がサス調整せず、

デフォㇽトのまま乗った感想は
「ヒラヒラ」感重視といった感じでした。

 

「やや固め」なフィーリングが好きな自分にはぴったりでした。

(ゼファーはデフォルトでは柔らかめでした。)

 

フロントは無段階調整で、リアはKYBの段階調整機能付き

自分好みのセッティングできまます。

 

シートも厚く、広いですからケツが痛くなりずらいです。

何気に良い出来のシートです。

 

カワサキダエグ 不満な点

ほぼ、不満は無いんですが、あえて言うとこんな感じです。

 

【水温系が無い】

※メーターがアナログでここは気に入っているんですが、水温計がほしいですね~

今のテクノロジーにしては、情報量が足りない気がします。

(絶版を見越して、カワサキさん技術を投入しなかったんですね……)

 

【走行風が強い】

※高速で風が当たりまくる。ネイキッドなので仕方ないですが。

 

【車体が重い】

*250キロ近い車重 走行中は軽く感じる車体も、一度降りるとやはり重いです。

砂利道なんて苦行に近いです。

 

【燃料計がファジー】

ダエグの燃料計はせっかちさんです。

そして正確な現在量を示しません。

 

早め早めに燃料系のゲージが減っていきます。

総量18リットルで6マスあり。残り3.5リットルで給油マークが点滅する

…….とのことですが

実際残り3.5リットルで給油すると、11.7リットル入り、実際は残り約6.3リットルでした。

早めの給油を促してくれるメーカーさんの思いやりと捉えてます。

ガス欠したら地獄ですから。

 

【たまにあるギア抜け】

忘れたころにギアが抜けます。^^

 

【低速でのトルクが弱い】

低速でのトルクが弱いので、しっかり吹かしてクラッチを繋いでやらないとよく走り出しでエンストする。
間違って二速発進しようものなら、ほぼ確実にエンスト。

 

【クラッチは油圧式で重い】

クラッチは油圧式なので結構重く(←それが良いというのもあるが)

長距離を走っていると手首が痛くなってくる。

 

…………….あえて、いうとこんなかんじかな~

あと、林道をこのバイクで走るのは、やめた方がいいです。(←いないですね)

自殺行為です。^^

 

カワサキダエグこれから購入する人へのアドバイス

※今後高値が予想されます(…多分ですけど….)

のんびり行きたい時はのんびり、

ガンガン行きたい時はガンガン走れます。

 

街乗り、峠、ツーリング全てOK。

スペックの数字ほど重さを感じず、軽快に動く。

(止まると重いけど……..)

 

回すと楽しいエンジン。

ネイキッドなのでポジションがひじょう——に楽です。

 

適度にでかくて適度に重いので所有感が大きい(←コレ)

街中流すと、目線が痛い時があります。^^

 

まとめ

 

ぼくは当初Kawasakiのこの「角いシルエット」が好きになれませんでした・・・

….ちがうな…….どちらかと言えば角いシルエットが「嫌い」な方でした。

 

ほぼ選択肢がない状態で、このバイクを購入したんですが大当たり

 

乗ってみてエンジンレスポンス・足回り・車格・乗り心地に一発でヤられてしまいました。

 

スパルタンな走りにも、のんびりゆっくりな走りにも、

半日・お泊まりのロングツーリングも一台でマルチに使えるコンパクトな車格でアフターパーツも豊富。

トータルバランスに優れた一台だと思います。

kawasakiファンで一台持ち、…..ならオールマイティなダエグがお勧めです。

 

 

 

 

 

-バイクメンテナンス, 商品レビュー
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ライダージーンズの自作、膝プロテクターを装着縫ってみた。

これだけ読めば、内容がわかる目次1 関連記事はこちら2 関連 バイク専用のジーンズは、世にいっぱい販売されていますが、気に入ったバイク専用ジーンズ持ってますか?   …&#823 …

ヘルメット SHOEI GT-AIR2を購入した。 どこで買うと一番お得?

これだけ読めば、内容がわかる目次1 関連記事はこちら2 関連 shoei ヘルメット gt-air2を購入しました。 昨年まで、アライのジェットヘルメット RAM4を4年間愛用していたのですが あごの …

バイクのオイル交換は自分で!カワサキZRX1200㏄でやってみた。

これだけ読めば、内容がわかる目次1 関連記事はこちら2 関連 バイクのオイル交換やっていますかあぁぁぁ!? 走り方にもよりますが、リッターバイクだと目安が3000㎞~5000㎞と言われています。 (走 …

アライジェットヘルメットSZ-Ram4を4年間使ってみた結果報告

これだけ読めば、内容がわかる目次1 関連記事はこちら2 関連 バイクに乗るならヘルメットメーカーはいろいろありますが   世界の2強だとしたら、 ARAIかSHOEIですね。 (はい、高所恐 …

バイクで立ちゴケ、故障と修理費用、精神的ダメージ!ZRX1200編

これだけ読めば、内容がわかる目次1 関連記事はこちら2 関連 こんにちは、高所恐怖症ライダーです。 さて、みなさんに質問です。 「立ちゴケしたことありますか?」 管理人は少なくとも10回は立ちゴケした …

高所恐怖症ライダー 自己紹介

 高所恐怖症ライダー 自己紹介


(↑娘が書いてくれた僕のイラスト)

出張の帰り飛行機でエアポケットにはまり、200Ⅿ降下。その時の恐ろしさから、以来高所恐怖症になる。

 

2016年夏
急性心筋梗塞となり救急車で運ばれ、手術後一命を取りとめる。

以降一日8種類の薬は欠かせなくなるが、後遺症はほぼなし

せっかくもらった命、好きなことをやろうと、家族との団らんの傍ら、暇を見つけては、ツーリングをする今日この頃

詳しい自己紹介はこちら⇒

当ブログのキーワード検索




人気の投稿とページ

当ブログのアーカイブ

 

高所恐怖症ライダーは

ランキングにも登録しています。

「ポチ」していただけると、

こ踊りして喜びます。


にほんブログ村 バイクブログ
にほんブログ村

ツイッターもやってます。^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。